データセンターとクラウド インフラストラクチャ

VMware vSphere with Tanzu:1 プロセッサー構成

価格(税込み): 726,882 円

VMware vSphere with Tanzu により、VI 管理者はクラウド ネイティブの構成要素を簡単に扱うことができるため、オンプレミスにおける Kubernetes 運用を簡素化できます。VMware vSphere with Tanzu には vSphere Enterprise Plus が無期限ライセンスとして、また、Tanzu Basic が 1 年または 3 年の期間限定ライセンスのオプションとして含まれています。Tanzu Basic は、エンタープライズ向けにパッケージ化され、オープンソースに準拠した Kubernetes ディストリビューションを既存のインフラストラクチャの一部として提供して、アプリケーションのモダン化をサポートするものです。vSphere with Tanzu を利用すると、データセンターをモダン化して仮想マシンとコンテナを同時に実行でき、既存のアプリケーションをモダン化して新しいコンテナ化されたアプリケーションを実行できるようになります。

VMware vSphere with Tanzu および VMware Tanzu Basic の詳細情報をご覧ください。vSphere Enterprise Plus のライセンスをすでにお持ちの場合は、VMware Tanzu Basic を購入して vSphere with Tanzu にアップグレードすることも可能です。

*660,802 円 (税抜価格)

vSphere サポートを選択してください
価格(税込み): 726,882 円
*660,802 円 (税抜価格)
  • Kubernetes ランタイム:エンタープライズ対応の Kubernetes ランタイムを vSphere から有効化して、ログ収集、レジストリ、ネットワーク、ストレージ、OS、Cluster API ベースのライフサイクル管理などを実行できます。
  • vSphere 固有の機能:Kubernetes API を活用して、vSphere Pod Service、ストレージ サービスやレジストリ サービス(NSX 使用)、さらにネットワーク サービスなど、vSphere 固有のリソースにアクセスできます。
  • エコシステム プロジェクトの利用を最適化:最適なオープンソース プロジェクトを利用することで、Kubernetes ベースのコンテナ管理の主な要件(イメージ レジストリは Harbor、モニタリングは Fluent Bit など)に対応できます。
  • エキスパートによる VMware のサポート:サポート対象のソフトウェアは常に安心して利用できます。Tanzu Basic には、VMware の専門カスタマー サービス チームがサポートするオープンソース プロジェクトが用意されています。
  • vSphere 固有の機能:vSphere Pod Service*、ストレージ サービス、ネットワーク サービス、レジストリ サービス*(* は NSX が必要)
  • Kubernetes クラスタのライフサイクル管理:Cluster API
  • イメージ レジストリ:Harbor
  • コンテナ ネットワーク:Antrea/Calico
  • ロードバランシング:VMware の Kubernetes 向けロードバランサー サービス
  • モニタリング:Fluent Bit
  • オペレーティング システム:PhotonOS