パーソナル デスクトップの仮想化

VMware Workstation 16 Player

価格(税込み): 17,985 円

VMware Workstation Player はデスクトップを効率的に仮想化するアプリケーションです。1 台のコンピューターで、1 つ以上のオペレーティング システムを再起動なしで実行できます。シンプルなユーザー インターフェイス、広範なオペレーティング システムのサポート、優れた可搬性により、これまでになく容易に企業のデスクトップをユーザーに提供し、稼動させることができます。

VMware Workstation Player の有償ライセンスをご利用いただくと、この製品を商用利用することができます。

*16,350 円 (税抜価格)

VMware Workstation Player を 1 ライセンス以上お買い上げのお客様は、サポートおよびサブスクリプション(SnS)サービス(オプション)をご購入いただけます。SnS は、サブスクリプション期間中、バージョンのメジャー アップグレードとテクニカル サポートを提供することでお客様の投資を保護します。
価格(税込み): 17,985 円
*16,350 円 (税抜価格)
  • 仮想化、オペレーティング システム、コンテナ、Kubernetes、VMware エコシステムの学習に最適
  • ゲスト OS とホスト OS を幅広くサポート
  • メジャーな Linux ディストリビューションおよび Windows 10 の最新リリースに対応
  • Windows 10 の Hyper-V、WSL2、Device Guard、Credential Guard 機能と並行して運用可能
  • DirectX 11 と最大 8 GB の vGPU メモリをサポートする強化された 3D グラフィックス
  • 新しい CLI ツール「vctl」を使って、OCI コンテナ イメージをビルド、プッシュ、プル、実行
  • Workstation Pro または Fusion Pro で作成された制限付き仮想マシンを実行
  • 最新ハードウェア上の仮想環境で、Windows XP または Windows 7 の実行が可能
  • エンド ユーザー使用許諾契約書(EULA)に準拠した商用環境で利用するには、ライセンスの購入が必要

2011 年以降にリリースされたプロセッサー(CPU)を搭載するシステムに対応します。ただし、次を除きます。

  • 2011 年の Bonnell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー(例:Atom Z670/Z650、Atom N570)
  • 2012 年の Saltwell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー搭載のシステム(例:Atom S1200、Atom D2700/D2500、Atom N2800/N2600)
  • Llano および Bobcat マイクロアーキテクチャをベースとした AMD プロセッサー搭載のシステム(例:開発コード名「Hondo」、「Ontario」、「Zacate」、「Llano」)

また、次のプロセッサーに対応しています。

  • 2010 年の Westmere マイクロアーキテクチャをベースとした Intel プロセッサー搭載のシステム(例:Xeon 5600、Xeon 3600、Core i7-970、Core i7-980、Core i7-990)
  • 3 GHz 以上の CPU
  • 2 GB 以上の RAM。4 GB 以上を推奨

ホスト OS(64 ビット)

  • Ubuntu 14.04 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6 以降
  • CentOS 6.0 以降
  • Oracle Linux 6.0 以降
  • openSUSE Leap 42.2 以降
  • SUSE Linux 12 以降

ゲスト OS

200 以上のオペレーティング システムがサポートされています。その一部を次に示します。 

  • Windows 10
  • Windows 8.X
  • Windows 7
  • Windows XP
  • Ubuntu
  • Red Hat
  • SUSE
  • Oracle Linux
  • Debian
  • Fedora
  • openSUSE
  • Mint
  • CentOS

サポートされているホスト OS およびゲスト OS の完全なリストについては、VMware 互換性ガイドを参照してください。

VMware Workstation Player は、次の 64 ビット* Windows または Linux ホスト OS で動作します。

  • Windows 10
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012
  • Ubuntu
  • Red Hat Enterprise Linux
  • CentOS
  • Oracle Linux
  • openSUSE
  • SUSE Linux Enterprise Server

最新のオペレーティング システム サポートについては、こちらのナレッジベースの記事 を参照してください。

*VMware Workstation 16 Player を実行するには、64 ビットのプロセッサーと 64 ビットのホスト OS が必要です。

*Intel「Nahalem」以前の CPU はこのリリースではサポートされていません。

全般 Workstation Player Workstation Pro
新しい仮想マシンの作成
大規模な仮想マシンの作成(32 個の仮想 CPU、128 GB の RAM)
仮想マシンへの PC の変換
大規模展開
ホストとゲストの統合 Workstation Player Workstation Pro
新しい仮想マシンの作成
大規模な仮想マシンの作成(32 個の仮想 CPU、128 GB の RAM)
仮想マシンへの PC の変換
大規模展開
ユニティ モード(Windows ゲストのみ)
グラフィックス Workstation Player Workstation Pro
DirectX 11 と OpenGL 4.1 による 3D グラフィック
ラージ グラフィック メモリ:8 GB
デバイスのサポート Workstation Player Workstation Pro
4K/5K/Retina ディスプレイのサポート
幅広い仮想デバイスのサポート
USB スマート カード リーダーのサポート
USB 3.1 デバイスのサポート
支援デバイスのサポート(セクション 508 への準拠)
複数言語対応キーボードのサポート
仮想 TPM(Trusted Platform Module)デバイス
仮想 NVMe デバイス
セキュリティ機能 Workstation Player Workstation Pro
Microsoft 仮想化ベースのセキュリティ(ゲスト)のサポート
仮想 Trusted Platform Module(vTPM)
UEFI ブートのサポート
UEFI セキュア ブートのサポート
GPU サンドボックス レンダラー
スナップショット
暗号化された仮想マシンの作成と管理
ホスト OS Workstation Player Workstation Pro
Windows 10 ホスト
Linux:Ubuntu、CentOS、Debian、Fedora、RHEL、SUSE、openSUSE
macOS 10.16 以降
ゲスト OS Workstation Player Workstation Pro
200 以上のオペレーティング システムのサポート(Linux、旧バージョンの Windows、BSD)
Windows 10 ゲスト
macOS ゲスト
Mac ホスト特有の機能 Workstation Player Workstation Pro
macOS 10.16 ホストのサポート
macOS ゲストのサポート
Mac の Dock への Windows アプリケーションの格納
Linux 仮想マシンへのワンクリック SSH 接続
Metal グラフィックス エンジン
Boot Camp のインポート/起動
アプリケーション メニュー
Windows ホスト特有の機能 Workstation Player Workstation Pro
Windows 10 ホスト
DirectX 12 レンダリング エンジン
Hyper-V モードのサポート(Device Guard、WSL)
仮想マシンの共有(Workstation Server)
Linux ホスト特有の機能 Workstation Player Workstation Pro
Vulkan レンダリング エンジン
ホストのサポート:Ubuntu、CentOS、Debian、Fedora、RHEL、SUSE、openSUSE
高度な機能 Workstation Player Workstation Pro
コマンド ライン操作:vmrun と VIX
vCenter Server Appliance の展開が容易
REST API
「Nautilus Container Engine」
仮想ネットワークのカスタマイズ(NAT、ネットワーク名の変更)
仮想ネットワークのシミュレーション(パケット ロス、遅延、帯域幅)
vSphere/ESXiサーバへの接続
vSphere ホストのリモート電源管理
リンククローンの作成
フルクローンの作成
仮想マシンの暗号化
ライセンス Workstation Player Workstation Pro
個人利用は無償
商用ライセンス
評価版ライセンス